見つめ合う男女

過矯正に気をつける

レーシックで過度に視力をアップさせてしまうことによって、目に負担がかかるようになってしまいます。視力が高い分、見るもののピントを合わせる力が必要になってきます。近くから遠くのものを見ようとすると、脳が追いつかない状態になってしまいます。目が疲れやすい状態になってしまうこともあるので、日常生活に負担がかかってしまうこともあるでしょう。なお、レーシックを受ける前には、見えやすい度について検査を行ってくれます。目や頭が痛くならない程度の視力にしておくことによって快適な視界をキープしていくことが出来ます。そのため、よく医師と相談を行いながら最適な視力について知っておくようにしましょう。

過矯正になってしまうことによって、眼精疲労を引き起こしてしまう可能性があります。また、神経に負担がかかってしまうので、結果的に自律神経失調症になってしまうこともあるのです。精神面や身体面で優れない状態になってしまうので、日常生活に支障をきたしてしまう恐れもあるのです。多くの人は0.8から0.9程度の視力の方が快適に景色を見ることが出来るという意見もあります。目の疲れを懸念している場合、とても遠いものを見る機会が少ない場合は矯正の度数は優しめにしておいたほうが良いといえるでしょう。

▲TOP